カリフォルニア大学サンディエゴ校 × CORUNUM

国際交流

学生団体CORUNUMでは国内外の様々な施設と交流し、共生社会やSDGsに取り組んでいます。
アメリカのカリフォルニア大学サンディエゴ校、「プロフェッショナル日本語」クラスの皆さんには
日本の子ども達と交流会を企画したり、CORUNUMの英語HPをつくっていただいたりと様々な分野で協力し、
知識を共有し、子ども達との交流に新たな刺激を与えてくださいました。

このブログはサンディエゴ校の学生の皆さんが執筆されたものです。
国境を越えた私たちの活動と学びを少しでも楽しんでいただけましたら幸いです

 

みなさんこんにちは、
CORUNUMのウェブサイト翻訳チームのアリエル・ロセンタルと申します。

チームメイトと一緒にカリフォルニア大学サンディエゴ校で日本語を勉強しています。
「プロフェッショナル日本語」というクラスで、日本語を使って現実的なプロジェクトを実行するために頑張っています。

この言語クラスでは、単語や文法にフォーカスするのではなく、
コミュニケーションの方法やプロジェクトの企画や実施などをしているので日本語を実践的に使うことができます。
このようなクラスではプロジェクトの目標を達成するために日本語の全てのモダリティーも練習できます。
「現実的なプロジェクト」を遠隔でするのは大変ですが、この春私たちがお手伝いさせて頂いたことの
一つにCORUNUMのウェブサイトの翻訳業務がありました。
ここから、私たちの翻訳プロジェクトについて説明したいと思います。

 

カリフォルニア大学サンディエゴ校には、色々な背景を持った学生がいます。
CORUNUMの目指している価値観と似ていて、私たちウェブサイト翻訳チーム5名も多様性に溢れています。
チームメンバーの日本語能力が違うので、最初に皆を適切な担当に分けた後で協力していてウェブサイトを翻訳しました。
この翻訳チームがどのように作業を進めたのか、そしてどんなメンバーがいるのかを読者のみなさんにレポートするために、
メンバーに作業状況をインタビューしてみました。

まずリーダーの彩香さんです。
翻訳以外にもチーム外の人とのコミュニケーションやフォーマットの調整なども担当しています。
「マネージメントはちょっと大変だけど、スケジュール通りにできている」と言っていました。
確かに、彩香さんは全てのメンバーの担当を覚えなくてはならないので、いつも頑張って管理しています。
また「リーダーにとって必要なスキルとは何か」と質問したところ、
「皆を理解することだと思う。例えば、意味がわからない時があった時に、
お互いの意見を尊重しながら話し合うことが大切。
お互いを尊敬しながら、コミュニケーションをしっかりとって、メンバーの言っていることをよく理解し、
次までに何をしてくるか明確にすることを頑張っている」と答えてくれました。


CORUNUMのウェブサイトを翻訳することは、筆者自身、日本語の勉強のためだけではなく、
CORUNUMのため、そして読者のために役に立っているという実感があり、大変楽しかったです。
でも、とても複雑な作業なので時々大変な事が起きるのは当然です。
例えば、メンバーの一人であるタミーさんは「たまに日本語の単語で英語とピッタリと合う言葉が見つからないから、
それを翻訳するのは結構難しかった」と話していました。

また、別のメンバーのスティーブンさんによると「ウェブサイトを翻訳する時に、漢字がたくさんありますよね。
私は漢字が苦手なので、辞書で調べることに時間がたくさんかかりました」と言っていました。
でもこの様な状況のおかげで、さらにインターネットで漢字が勉強できたようです。
スティーブンさんによると、漢字以外にSDGsの内容をもっと詳しく勉強することができたそうです。

 

英語の翻訳はアメリカの大学生にとって簡単だと思うかもしれません。
いいえ、実は英語の翻訳は一番難しいんです。日本語から自然な英語を作ることは意外に大変です。
メンバーのアンドレさんは「日本語と英語の文法は違います。日本語の文法を変えながら翻訳するのは難しいです」と話していました。
タミーさんも「日本語の文法と英語の文法は逆なので、翻訳する場合は、
どうやって日本語の長い文章から英語の文にするのか…難しかったけど、勉強になりました」と語ってくれました。
筆者は翻訳を通して、本当に言語能力が上がったという感覚がありました。
アンドレさんは「今回一番学んだことは、日本の文法についてです。
作業が終わった後で、日本語の文の構成が少しわかりやすくなりました」と言っていました。

 

私達のクラスの中で、卒業後にCORUNUMの様なことをしている会社で働きたい学生がいるかどうか聞いてみました。
スティーブンさんは、「CORUNUMの掲げている理念や目標には強く共感します。大事な価値だと思いますので、
このような活動を続けていきたいです」と言っていました。
タミーさんも「興味はあります。でもこのような仕事をどうやって見つけたらいいのかわからない」と話していました。
彩香さんは「多様なメンバーと一緒に仕事をするのは楽しいと思う。まだ将来したいことはわからないけど、
私はグアム出身でグアムでは日本人の観光客がたくさんいるから、仕事ではなくても翻訳とか通訳する機会が結構ある。
この事業の活動はすごく勉強になる」と言っていました。

筆者ももこの大切な経験を生かして日本でいい仕事を見つけたいと思います。
今回の翻訳の作業を通して、読者に役に立つウェブサイトを作って、チームと一緒大切な思い出ができました。
皆さん、読んでくださってありがとうございました。

 

Hello, I’m Ariel Rosenthal of the CORUNUM Website Translation Team.
We’re classmates in the Japanese for Professional Purposes class at the University of California, San Diego.

In this class, we work on a variety of realistic projects using our Japanese skills.
Rather than focusing on vocabulary and grammar,
this language class is all about modern communication methods and task management.

In order to bring our complex projects to completion, we get plenty of practice in every modality of Japanese.
We had to do our projects remotely this quarter, but fortunately,
we found the perfect way to practice Japanese while contributing to an important real-world effort: translating the CORUNUM website. Now, I’d like to introduce our translation project and the Website Translation Team. 

At UCSD, students come from a wide variety of backgrounds. In line with CORUNUM’s values, we assembled a diverse 5-member team to translate the website. Our Japanese levels are all different, so the first task was dividing the work so that everyone could contribute to the best of their abilities. In order to report to our readers about the team and our methods, I interviewed my teammates about their experiences. First up is our leader, Ayaka. Aside from her own share of the translating, she’s in charge of communicating with people outside the team, as well as overseeing the formatting. “Sometimes people run late on a task or get sick and have to take time off, so being the leader is hard, but it’s OK because we were still able to stick to the schedule in the end,” she explained. Even though she had enough to do just keeping track of everyone’s responsibilities, she was always patient. When I asked her what skills she thinks are important for a leader, she said, “It’s all about understanding your team. For example, when there’s a misunderstanding, it’s important to respect each other’s opinions and have a discussion. We are working hard to learn to communicate well and understand each other before moving on to the next thing.” 

Because this project is useful not just from a Japanese language perspective but also because it benefits CORUNUM and its supporters, my teammates and I enjoyed it and got a lot out of it. However, over the course of completing such a complicated project, it’s only natural that we’d run into problems from time to time. For instance, Computer Science Senior Tammy explained, “Sometimes I’d see a Japanese word that doesn’t have a perfect English translation, so it would be especially difficult to translate.” According to Stephen, an International Politics Senior, “There was a lot of kanji on the website… I’m not good at kanji, so I spent a lot of time looking them up in the dictionary.” Even though it’s tough, thanks to this style of project-based learning, we can study the kind of Japanese language that is really being used online every day. Stephen explained that, through this project, he was able to learn about the SDGs in more depth than ever before. 

You might think that writing an English website would be easy for students at an American university,
but actually producing the final English version was the hardest part.
For one thing, creating natural-sounding English from Japanese is surprisingly difficult.
Andre, a Junior, told me, “Japanese and English grammar is totally different,
so it’s hard to translate the meaning while changing the grammar.”

Tammy agreed that “ Japanese grammar and English grammar are opposite,” adding,
“how to translate from a long Japanese sentence to an English sentence … It was difficult, but I learned.”
I also felt that my language skills really improved over the course of this project.
When I asked him, Andre said, “What I learned the most this time was about Japanese grammar.
After the work was done, the structure of Japanese sentences became a little easier to understand.”

I asked my teammates if any of them would like to work for a company similar to CORUNUM after graduation.
Stephen told me, “I really agree with CORUNUM’s philosophy and goals and I think they’re important values,
so I think I would like to continue doing this kind of work.”
Tammy also said she was interested in this kind of work but worried, “I don’t know how to find a job like this.”
Neither do I, but I think this experience will prove to be valuable when the opportunity arises.
Ayaka explained, “I think it’s fun to work in diverse teams. I don’t know what I want to do in the future,
but since I’m from Guam and there are always Japanese tourists, even if it’s not for work,
I have a lot of opportunities to translate and interpret.
I think this kind of project will be a great learning experience for me.”

As for me, I’m still planning on searching for a job in Japan as soon as possible,
and I hope to make use of this important experience in my future career.
Through this translation work, we created a website that is useful to international readers,
and our team got to make plenty of great memories along the way.

Thank you, everyone!

関連記事

  1. 【在日外国人にインタビュー】日本のダイバーシティに足りないこ…